損益計算書とは?ベンチャー経営者に必須の財務知識を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

損益計算書とは?

損益計算書とは、企業が特定期間(例:1年間)の間に、どれぐらいの売上や利益を上げたかを報告する表です。貸借対照表と同様に財務諸表の1つです。

損益計算書では、大きく「収益」と「費用」の2つを表示していきます。

そして収益から費用を差し引き、プラスになった場合は「利益」、マイナスになった場合は「損失」として表示します。

損益計算書の項目

損益計算書には、収益と費用があります。

収益

以下の3つの項目があります。

  • 売上    :本業から得た収益
  • 営業外収益 :本業以外から得た収益(投資による利益など…)
  • 特別利益  :臨時的に発生した収益(固定資産の売却益など…)

費用

以下の4つの項目があります。

  • 売上原価       :本業と直接的に対応する費用(材料費など…)
  • 販売費及び一般管理費 :本業と間接的に対応する費用(広告費など…)
  • 営業外費用      :本業以外で発生する費用(借入金の利息など…)
  • 特別損失       :臨時的に発生した損失(火災による損失など…)

それぞれの項目には以下の項目が当てはまります。

売上

  • 本業で売り上げた金額
  • 複数事業を行っている場合は、複数の売上金額が含まれる

営業外収益

  • 受取利息(銀行預金等の利息)
  • 受取配当金(他社の株式を保有している場合の配当金)

特別利益

  • 固定資産売却益(不動産等の売却による収益)

売上原価

  • 材料費(製品のもととなる原材料など…)
  • 労務費(製品を組み立てる作業員の賃金など…)
  • 経費(工場内での製品の運搬費用、一部組み立てに係る外注費など…)

販売費及び一般管理費

  • 給料
  • 広告宣伝費
  • 地代家賃(会社事務所の家賃)
  • 会議費(打ち合わせにかかる費用)

営業外費用

  • 支払利息(借入金の利息)
  • 社債利息(社債の利息)

特別損失

  • 固定資産売却損(不動産等の売却による損失)
  • 災害損失(火災で建物等が燃えた際の損失)

損益計算書の活用方法

損益計算書からは、ビジネスの原価構造について知ることができます。

例えば、卸売事業を営む企業の場合、ビジネスとしては「モノを仕入れて(100円)、利益を付加して売る(105円)」というモデルなので、原価率はかなり高めになることが多いです。

一方、化粧品を販売する企業の場合、化粧品の原材料には水が多く含まれ、結果として製造原価が安くなることが多いと言われています。この場合、原価率は比較的低めになることが多いです。

このように、ビジネスごとに原価率や販売費及び一般管理費率は異なりますが、こういった違いを認識することができます。

損益計算書を使用した分析

損益計算書の数値を利用した分析を行うことで、収益性やビジネスに関する情報を得ることができます。

原価率

原価率(%) = 売上原価 ÷ 売上 × 100

→原価率は売上金額のうち、どの程度原価がかかっているかを見ることができる指標です。

→原価率が高いと、いくら商品を売り上げても利益をあげることはできません。そのため、原価率はできるだけ低減していくような施策を講じることが必要になります。

販売費及び一般管理費率

販売費及び一般管理費率(%) = 販売費及び一般管理費 ÷ 売上 × 100

→販売費及び一般管理費は、売上に対してどの程度の販売費及び一般管理費がかかっているかを見ることが出来る指標です。

このように、損益計算書を使用して、企業のビジネスに関する情報を得ることができます。

損益計算書は、事業計画の中でも最重要です。事業計画は損益計算書のみを指すこともありますので、是非覚えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 
FUNDOORを無料で使ってみる