株式会社SoVa様「FUNDOOR導入で作業時間を3分の1に。新規サービスの開発に集中できました。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

・会社概要

業種:会計事務所、ITサービス

所在地:東京都千代田区

・サマリー

公認会計士として、ベンチャー企業を中心に会計・経営面でのサポートを行う株式会社SoVa。

同社が抱えていた悩みは、自社の資金調達のための事業計画策定に十分な時間を割くことができなかった事です。

サービス開発に集中したい反面、どうしても資金調達のことは頭から離れないもの。そんな中、FUNDOORの導入によって自分の頭の中を早く整理でき、事業に集中できるようになったといいます。

どのようにFUNDOORを活用し、そしてどのように業務改善ができたのかに迫るべく、株式会社SoVa 代表取締役の山本健太郎さんにインタビューしました。


――御社の事業内容を教えていただければと思います。

山本さん:現在、ベンチャー企業を中心に経営相談に応じるアドバイザリー事業を営む株式会社SoVaを経営しています。


――会社運営の中で課題になった点はありますか?

山本さん:現在ベンチャー企業向けの新規サービスを開発しており、資金調達にも動いていました。しかし、資金調達には事業計画が必要不可欠で、事業計画作成のために資料の準備などで膨大な時間を要しており、新規サービスの開発に集中できない状況が続いていました。


――山本さんはベンチャーでCFOをもされていたことがあると伺いましたが、それでも資料の整備には時間がかかるのですか?

山本さん:事業の収益計画、経費計画などは、当時複数のファイルに分散されていました。また、何度も更新されており、どの時点の数値を使うべきか、「正しい」数値を探し出すのが、以外に大変でした。ちゃんとまとめておけばいいではないか、というのはその通りなのですが、同様な悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。また、資金調達は会社にとって最重要とも言える行動の1つなので、資料の作成には1つ1つ魂を込めて作成していたので、品質を求めるあまり、時間がかかっていた部分もあります。

――Excel作業では、特にどこに時間を要しましたか?

山本さん:収益・費用のシミュレーションですね。例えば、売上の金額を変えた際に、どれくらいの広告費が使えるようになるのか?従業員はどのタイミングで増やすべきか?など、様々な事項を考慮して事業計画を作成する必要がありますが、Excelではこうしたシミュレーションをするために複雑な関数を組む必要が出てくることがあります。こうした関数の作成に時間を要しますね。


――FUNDOORを導入してどのように変わりましたか?

山本さん:先ほどお話したシミュレーションの速度が劇的に改善されました。自分が考えた売上の分解式を入力すると、それに合わせて財務3表の数値が計算されるので、関数の入力作業が一切不要になりました。また、売上の分解式を変更してみたり、価格等を変更してみたいときも、すぐに変更することができました。また、こだわりすぎに歯止めがかかるのはよいことかもしれません(笑)


――FUNDOORの中で画期的だと感じた点はありますか?

山本さん:キャッシュ・フロー計算書まで作成されることですね。ベンチャー企業においては「いつ資金(現金)が尽きるか?」ということが非常に重要ですが、FUNDOORではキャッシュ・フロー計算書があることによって、想定する事業計画の場合、いつ資金が尽きるか?というのが一目瞭然です。この点はかなり画期的だと感じました。


――FUNDOORに今後期待することがあればお願い致します。

山本さん:事業計画は、作って終わり。ではなく、事業の進捗を当初の計画と照らし合わせて管理していくことが重要だと考えています。なので、ここで作成した事業計画と実績の差を把握できるような機能があると、離れられなくなりそうですね!

ありがとうございました!

FUNDOORでは専門家でも納得できるようなレベルで事業計画が作成でき、その後の管理も容易にするような仕組みを今後も開発していきます!

山本さん、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 
FUNDOORを無料で使ってみる